こまち日和

食育指導士ママのシンプルでナチュラルな暮らしを提案するブログ。アトピー・アレルギー克服に関する情報を発信しています。

安全な空間用虫除け剤を選ぼう

こんにちは!
食育指導士ママのKOMACHIです👩

 

先日、昼間にね。

家の中で。

壁に留まって

休んでいるアイツを

発見してしまいました…

 

f:id:komachibiyori:20190411131642j:imageそろそろブタさんの季節かな

 

 

安全な空間用虫除け剤を選ぼう

 ホームセンターには様々な種類の

空間用虫除け剤が並んでいます。

 

  • 電気蚊取り
  • ワンプッシュで家中丸ごと蚊を退治するもの
  • スプレータイプ etc...

 


特に、赤ちゃんペットのいるご家庭では

心配ですね!

 

殺虫成分は、空気中からダイレクトに

体内へと取り込まれます。

安全性の高い 虫除け剤を選ぶには

どうすれば良いのでしょうか。

 

 

 

ピレスロイド系の表記に注意

以前見た空間用虫除け剤のCM。

ナチュラルな見た目!おしゃれで、

まるでお香のよう。

 

しかし、
テレビ画面の左下に一瞬、

殺虫成分 ピレスロイド

と小さく小さく表示されておりました。

 

 

 この、ピレスロイド系というものが
非常に厄介な、
環境ホルモンの一つです。

 

 

 

 

環境ホルモン

体内のホルモンの働きをかく乱する作用を持つ
化学物質の総称

 
生体内に入って

女性ホルモンと類似の作用を示し
ホルモン系をかく乱させる作用をもち

多くの野生生物種はもちろん、
人体にも蓄積されています。

 

 

アザラシやイルカの大量死、
人の精子数の激減してきている原因も、
人工の化学物質だといわれております。

 

 

 

 

虫よけ材以外にも気を付けるべきもの

ピレスロイドが含まれるものとして
ほかにも気を付けなければならないものが有ります。

 


パッケージの裏を確認し、殺虫成分に

ピレスロイド系と書かれていないもの

を選んでください!

 


あと、一見ナチュラルな蚊取り線香ですが、

ピレスロイド系と書かれているものもあります。

 

 

昔ながらの蚊取り線香は、
自然の成分の除虫菊を配合して
作られてきました。

 

 

f:id:komachibiyori:20190411131722j:image

 これは大丈夫そうですね!

 

 

除虫菊の成分は蚊には有害ですが、
人や犬は体内に取り込まれても

分解できますので、

昔ながらの除虫菊を用いた蚊取り線香
お使いいただくと安心です。

f:id:komachibiyori:20190618154427j:image

除虫菊

 

 

 

消費者が賢くなれば売り手が変わる

アトピーやアレルギーとも、

全く関係ないようで
実は関係が大アリな今回のテーマ。

 


消費者が賢く成れば
売り手の販売する商品は変わります。

 


なぜなら企業は消費者のニーズに
合わせて商品を開発するからです。

 

 

良いものでも

売れないなら売らない。

 


悪い製品と分かっていても

売れればどんどん開発する。

 

 

だって、商売ですから。

どんだけ良いものを作ったって、

誰も買ってくれなければ

企業だって、従業員に

お給料が出せないわけです。

 

 

 

よりよい未来を作るために

私たちの小さな選択の繰り返しが

やがて大きな力になり、

日本の未来を良い方向へ、

導いていくと私は考えてます。

 

 

日本人がもともと持っていた技術。

現在埋もれてしまっている技術を

再度見直し取り入れて、

環境問題に対して

世界の先陣をきっていくような

 

 

そんな日本になってほしいなと

心から思います。

 

 

私は微力ながらも

このブログから、

発信していきたいと思います。

 

 

本日も最後までお読みくださり、

ありがとうございました🌸

 

KOMACHI

 

 

 たくさんの方に知っていただけるよう、

 ランキング参加しています。

ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

 

 

 

#虫除けスプレー #アロマ #オーガニック #成分 #ハーブ #蚊取りスプレー #蚊取り #線香 #効果 #虫除け